シナリオノート

ノベルゲーム制作の流れを教えて? (ノベルゲーム制作講座)

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

本講座に入る前に入門編として、
ノベルゲーム制作の『流れ』について説明します。

作業にかかる日数、素材の発注タイミングなどを
企画&ライター&スクリプターの視線から解説します。

 

その他の用語、各セクションの仕事については後で説明します。
今は細かいことを気にせず、ふわっとした全体の雰囲気を掴んでください。

 

 

スポンサーリンク

 

用語解説

ライター

いわゆる物書き。脚本家、シナリオライターのこと。
ノベルゲーム業界では、プロット作成、シナリオ台本
宣伝コピーの作成も一手に引き受けるのが一般的です。

 

スクリプター

スクリプトという独自の簡易プログラム言語を用いて、
シナリオの展開に基づき、映像や画像の切り替えを行ったり、
キャラの立ち絵の動きを制御して演出として組み込む仕事。
プログラム知識は必要なく、演出&編集のセンスが問われます。

※ 台本=スクリプト と混同しやすいのでご注意ください。

 

企画段階

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

・企画会議  : およそ1ヶ月

・アイデアの練り込み、コンセプトの決定、企画規模の決定

・設定&プロット作り : およそ3ヶ月

・キャラクター&世界設定の作成

・プロットの作成

・仕様書作成のために素材を用意する(取材、資料集めなど)

 

上記のお仕事を行うのは、
企画&シナリオライター、プロデューサーやディレクターです。
社内にいると企画段階からガッツリ関わります。
一番忙しい時期だったりする。

 

開発初期段階

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

・素材発注その1

・キャラクターデザイン

・BGM、SE

・背景イラスト

・ノベルゲーム用のプログラム

・シナリオ執筆

 

開発がスタートしたら、
ライターはスケジュールに沿ってひたすら執筆。
同時進行で仕様書をまとめ、素材を発注します。

 

開発中期段階

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

・素材発注その2(スクリプト開始まで継続

・キャラクターの立ち絵

・販促イラスト

・OP.ED主題歌

・シナリオ執筆、校正作業 ⇒ アフレコ用に台本化する

 

シナリオが書き終わるまでの開発段階です。
同時進行で各素材が上がってくるので、チェックしましょう。
シナリオが書き終わったら校正作業が待っています。

 

開発後期段階

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

・素材発注その3(スクリプト開始

・イベントCG(スチル)

・販促、OP、EDムービー

・アフレコ(音声収録)

・スクリプト演出の打ち込み

 

台本(素のテキストにボイス番号を追加したもの)を
使ってアフレコを行う。
各素材が揃ったら、ようやくスクリプターの出番です。

 

仕上げ段階

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

・プログラムチェック
・素材チェック
・シナリオデバッグ
・スクリプトデバッグ

⇒ マスターアップ

 

スタッフ総出でデバッグを行い、マスターアップを迎えます。

 

ゲーム発売(やったね!)

ゲーム制作,講座,ノベルゲーム,企画書

 

ゲームが発売される頃には、次の企画がスタートしているものです。
現場によっては、すでに開発初期段階まで企画が動いているでしょう。

「To Be Continued…」

 

まとめ

以上が企画&ライターの視線から見た、
ノベルゲームの作業工程になります。
各項目については、次の記事で詳しく説明します。

 
より詳しくは、noteで公開している

「空下元のノベルゲーム制作講座1(企画編)」

をご覧下さい。

(外部サイトに接続します)

 

-シナリオノート
-, , , , , , ,

Translate »

Copyright© シナリオライター空下元 個人サイト , 2020 All Rights Reserved.